プラネックスから高速転送に対応したBluetooth 3.0+HS搭載のPC用ドングル『BT-Micro3H2X』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

BT-Micro3H2X プラネックスから、日本でははじめてとなるPC用のBluetooth 3.0+HSに対応したUSBドングル『BT-Micro3H2X』が発売されます。

 Bluetooth 3.0+HSとIEEE 802.11b/g/nの両方に対応したUSB用のドングルで、Bluetooth 3.0+HS(High Speed)で実現されている最大で24Mbpsの転送速度に対応しています。

 なお、この転送速度を出すためには双方がBluetooth 3.0+HSに対応している必要があります。
 Bluetooth 4.0+HSに対応しているiPhone 4Sですが、残念なことにFTPやOPPといったファイルを転送するプロファイルに対応していません。
 Androidで3.0(4.0)+HSに対応したものもないので、現状では『BT-Micro3H2X』を搭載したPC同士のみが対応している状況であると思われます。

 Bluetooth 3.0+HSが普及することによってワイヤレスでピア・トゥ・ピアで接続でき、かつ高速なファイル転送ができるという環境がこれから完成するようになるわけです。
 たとえばこれまで「この画像いいでしょ」「ほしい!」というような場面で、メールに添付してわざわざ送る必要がありました。Bluetoothで送るにしても、800万画素の画像を送るには速度が足りなかったというのが実際のところ。
 これからはBluetooth 3.0(4.0)+HSで、数秒で送受信ができるようになります。
 悪くないと思いません?
続きを読む…»


『ATOK Pad for iPhone』がBluetoothキーボードに対応 & 25%OFFのセールス中!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

atokpad これまでBluetoothキーボードは動作保証外だったATOK Pad for iPhoneですが、1.40からはBluetoothキーボードに対応。これでiPhone+BluetoothキーボードでもATOKの高い日本語変換環境を使用できるようになりました。

 また、バージョンアップを記念して通常価格1200円のところを900円でセールス販売中(iTunesが起動します)です。

 なお、iPhoneの他、iOS4の動作するiPod touchやiPadでも使用可能ですが、iPadでの使用はUniversal対応ではなく、2倍表示対応です。 続きを読む…»


ソニーからPlayStation3のBluetoothキーボードとしても使用可能な『VAIO P』シリーズ

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100512 ソニーから『VAIO P』の新シリーズが発表されました。今回はハードディスクモデルが全廃となり、SSDオンリーとなっています。

 スペック詳細は姉妹サイトのSSD ManiaXに書いてありますので、こちらでは割愛させていただきまして。でも、各種センサー搭載なのは面白いところですね。

 BluetoothManiaXとして注目したいのは、なんといってもPlayStation3のキーボードとしてVAIO Pを使うことができるということ。 続きを読む…»


ワコムからペンタブレットのBluetooth版『Intuos4 Wireless』が2月末に発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100201 ペンタブレットでおなじみのワコムからBluetoothに対応したペンタブレット『Intuos4 Wireless』が発表されました。発売は2月26日。

 Bluetooth2.1+EDRに対応しており、プロファイルは非公表。Windows/Macintoshの両対応でUSBでの接続にも対応しており、普通の有線ペンタブレットのように使うこともできます。

 読み取り可能範囲は203.2×127mmと、従来製品のMidium(223.5×139.7mm)よりもわずかに小さい読み取りスペースを持っています。

 また、特徴的なのはBluetoothのスペックによって読み取り速度が変化するということ。2.0+EDR/2.1+EDR、およびUSB接続では200ポイント/秒、それ以外のEDRのないBluetoothでは133ポイント/秒となり、EDR機能のあるBluetoothアダプタではより細かく描くことができるということになります。
続きを読む…»


『PSP go』が発売される。対応プロファイルも明らかに?

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091109 11月1日に発売された『PSP go』ですが、ようやくBluetoothの対応プロファイルが発表されました。
 現在のところ、対応しているプロファイルはA2DP、AVRCP、HSPです。

 あ、これはSCEのサポートに問い合わせた結果なのですが……実はそんなはずはないのです。なにしろ、 続きを読む…»


モトローラ、フリップタイプのBluetoothヘッドセット『H17』他

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091008aモトローラから高性能なノイズキャンセル機能を持った『H17』と関連アクセサリが発表されました。

H17はマイク部分がフリップスタイルになっており、マイクの収納が可能になっています。収納した時の全長はわずかに42mmと相当な小型なヘッドセットです。
続きを読む…»


プリンストン、電話機をBluetooth化できるアダプタ『PTM-TA1』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091002プリンストンは家庭の電話をBluetooth化できるアダプタ『PTM-TA1』を発売しています。発売は先月の11日で、すでに発売中です。

モジュラージャックを使って使用するものであれば、IP電話であっても問題なく使用することができます。

スペックはBluetooth 2.0+EDR。100m対応のCLASS1。プロファイルはHSPに対応しています。マルチペアリングに対応しており、8台までのヘッドセットとのペアリング記録をメモリー刷ることができます。

同時接続のマルチポイントには対応していません。
続きを読む…»


脳波をBluetoothで飛ばせ! 『MindSet』が日本で発売決定

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090926TGSにも出展しており、話題になった脳波コントローラーこと『MindSet』が日本市場で発売になるそうです。

脳波コントローラーといっても、脳波をコントロールするわけではないですよ。シンクロエナジャイザーではないので。

中頃にあるマイクブームのような代物で前頭葉部分の脳波を計測し、それによってキャラクターを動かしたりするというコントローラーです。

Bluetoothで接続されており、A2DPにも対応している通常のBluetoothヘッドフォンとしても使用できるそうです。
続きを読む…»


BluetoothでPCと接続できるデジタルアンプ『RDA-560』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090824スピーカーに対して、さまざまな設定をPCからできるデジタルアンプ『RDA-560』が8月31日に発売されます。

PCとの接続はUSBによる優先接続か、Bluetoothによる無線接続。

この場合のBluetoothはA2DPでの接続ではなく、あくまでもPCとの接続に用いられるようです。音量、トーン、位相などの設定をPCで行うことができるのですが、そのデータ転送をBluetooth(おそらくSPP)で行えるということでしょう。
続きを読む…»


Bluetooth対応のPSP Go、日本でも正式発表に。プロファイルは?

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090603先日情報リークのあったPSP goですが、E3での発表を受けて日本でも正式に発表されました。

SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定!(ゲームWatch)
PSP go、日本では11月1日発売 2万6800円(CNET JAPAN)

発売は11月1日。2万6800円と現行のPSP-3000よりもかなり高い値付けがされています。

先日のリーク通り、Bluetoothも搭載されています。Bluetoothのバージョンは2.0+EDR。現在のところ、明らかにされているプロファイルはHSP/A2DP/AVRPC。

液晶テレビなどにも接続してのプレイもできますが、このときに 続きを読む…»