ロジテック、マルチポイントと音楽再生に対応した低価格Bluetoothヘッドセット『LBT-HS320』シリーズ

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120106 ロジテックからダイレクト価格で3,980円ながらもマルチポイントと音楽再生に対応したBluetoothヘッドセット、『LBT-HS320』シリーズが1月中旬に発売されます。

  いつものように販路やカラーバリエーションで多くのモデルがありますが、基本的な機種はひとつのみとなっています。

 スペックはBluetooth 3.0に対応。Class 2に対応しており、10メートル以内のBluetooth機器とワイヤレス接続が可能です。
 搭載プロファイルはHFP/HSP/A2DP。
 HFPは1.5の対応となっており、HD Voiceには対応していません。 続きを読む…»


Plantronicsからエントリモデルながらもマルチポイントに対応したBluetoothヘッドセット『Plantronics M20』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

111006 去る6日から販売がはじまった『Plantronics M20』は実際の販売価格が3,980円ていどのエントリクラスのBluetoothヘッドセットですが、マルチポイント(用語解説)に対応しているのが注目点です。

 ただし、エントリクラスですのでWindsmartによる風切り機能は搭載されていますが、ノイズキャンセル機能については「搭載している」というていどの記述になっています。同社のSavor M1100をはじめとする上位機種のような「複数のマイクを搭載し、DSPによって能動的にノイズを取り除く」といったものではないようです。
 しかし、それを覆すようなスペックも搭載されています。

 というわけでスペック一覧を。 続きを読む…»


ロジクールから、Bluetoothと独自ワイヤレスに両対応のヘッドセット『ロジクール ワイヤレスヘッドセット H800』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110930 ロジクール(スイスのロジテック)からちょっと変わったワイヤレスヘッドセットが発売になります。
 『ロジクール ワイヤレスヘッドセット H800』はPC用のUSBレシーバが同梱されており、PCとは独自方式の接続ができる一方で、Bluetoothにも対応しています。
 スマートフォンやタブレット端末にはBluetoothで接続するというヘッドセットです。
 ただし、PCの独自方式とBluetoothの両方には同時接続できないようです。

 イヤーカップにマイクブームが収納できるタイプになっており、メインの使用用途はヘッドフォンというよりもSkypeなどで使用するヘッドセットとなっています。
 が、音楽用ヘッドフォンとしても使うことが可能です。
続きを読む…»


バッファローコクヨからBluetooth3.0とマルチポイントに対応したヘッドセット『BSHSBE16』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110901 バッファローコクヨサプライからBluetooth3.0+EDRに対応したBluetoothヘッドセット『BSHSBE16』が発表されました。

 Bluetooth3.0だけではなく、8台までのマルチペアリング、2台同時接続のマルチポイント、そしてA2DPにも対応しています(AVRCPには非対応)。さらに最大待受時間160時間のスタミナ具合を誇っており、なかなか芸達者なBluetoothヘッドセットといえるのではないでしょうか。
続きを読む…»


バッファローコクヨサプライ、片耳/両耳ともに対応するA2DP搭載ヘッドセット『BSHSBE14』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110729 バッファローコクヨサプライから、片耳のヘッドセットに付属のイヤフォンを差すことで両耳のステレオヘッドフォンとして使用できるA2DP対応のBluetoothヘッドセット『BSHSBE14』が発売されます。

 画像のように別途にイヤフォンが用意されており、これをmicroUSBコネクタに差すことでステレオヘッドフォンとして使用することができます。
 また、イヤフォンを差していない状態でもA2DPに対応しており、片耳で音楽を聴くことが可能です。イヤフォンを差していないと自動的に左右の音源がミックスされたモノラルとなり、まともに音楽鑑賞ができるというのは大きなポイントといえるでしょう。

 スペックは 続きを読む…»


ロングマイクブームを搭載し、風切り音を抑えたBluetoothヘッドセット『Jabra WAVE』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110318 JabraブランドのGNネットコムから新しいBluetoothヘッドセットが発表されました。

 今回発売される『Jabra WAVE』は複数の風切り音対策が施された、屋外での使用を主眼にしているヘッドセットとなっているとのことです。
 まず、特徴的なマイク形状とマイクカバーで物理的に風切り音を減少させています。次に内蔵マイクを保護するノイズ吸収板によってもウインドノイズを減少させており、最後にはDSPで音声を処理するという三段構え。
 製品サイトでは「3レイヤーのウィンドノイズ削減」と記述されています。

 このウインドノイズ削減がどれほどの効果を持っているか、Jabraの提供している以下の動画をごらんください。
続きを読む…»


PlantronicsからA2DP対応の『Voyager PRO+』がひっそりと発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Voyager PRO+ ハイエンドヘッドセットとして知られているPlantronicsのVoyager PROの後継機……というか、機能追加版である『Voyager PRO+』がひっそりと発売されました。
 現在、Plantronicsの日本語サイトがリニューアル作業中ということもあり、製品はすでに発売されているのに公式サイトにデータがないという状況だったりするのですが。

 なにが+なのか。
 要するにA2DPに対応しています。スペック的な差異はそれ以外なにもありません。 続きを読む…»


Aliph、JawboneシリーズのBluetoothヘッドセット新製品『Jawbone ERA』を発表

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110121 昨年末にJawbone ICONが日本で発売されましたが、アメリカでは次世代の『Jawbone ERA』が発表されました。

 ICONと比べると、いくつかの進化を見ることができます(あ、なんか英語のリリースをずっと見てたので翻訳口調に……)。
 まず、加速度センサーを搭載したこと。これによってMotionXと呼ばれる動作による対応を可能としています。
 たとえば外装2回タップで電話に出たり、振ることでペアリングモードにすることができます。これらのMotionXによってERAにどのような動作をさせるかは、MYTalk機能で変更できるそうです。このあたりはJawboneシリーズの特徴のひとつですね。
 旧来のTalkボタンも搭載されていますので、ボタンによる操作も可能です。

 もうひとつはNoise Assassinが3.0にバージョンアップしたこと。ICONのそれは2.5でした。2.5と3.0のなにがどう違うのかはサイトに明記されていなかったので不明ですが、少なくとも2.5の時点でも最強レベルのノイズキャンセル機能がありましたのでバージョンアップで退行していることはないでしょう。

 外観はICONに比べてやや長くなっています。Jawbone Eraの長さは51.3mm。ICONは45mm。このあたりは短めのICONを好むユーザーもいるかもしれませんね。

 スペックも羅列してみましょう。 続きを読む…»


Bluetoothヘッドセット最後の巨人、Jawboneシリーズがついに日本上陸、『Jawbone ICON』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

101218 ついに最後の巨人こと、Jawboneシリーズが正式に日本に参入を遂げました。
 今回、日本代理店としてTrinity社がJawbone ICONを販売することになりました。
 これまでBluetoothヘッドセットの3大巨頭といえば、Plantronics、Jabra(GNネットコム)、モトローラの3社でした。どれも海外の会社ですが日本に参入しているのはご存じの通りです。
 2010年が終わろうとしているとき、ついに最後の巨頭とも呼ぶべきAliph社のJawboneシリーズが日本に上陸したのです。

 Jawboneシリーズはその名の通り、顎骨(Jawbone)からの振動を読み取ったデータと、2箇所のマイクから装着者の音声をあわせて抽出することによって、装着者の音声をより明瞭に伝えることのできるというヘッドセットです。
 つまり、装着者が声を出しているかどうかを骨伝導によって判断しているので、ノイズキャンセルがより効果的に働くという仕組みを持っているわけです。

 このノイズキャンセル機能は非常に効果的なもので、他社のマイクのみに頼るものに比べてもはっきりとその効果が分かるほどです。
 かつてから海外のレビューなどで絶賛されており、その実力のほどは日本にもおぼろげながら伝わってました。しかし、これまでは日本代理店がなく、また技適マークもついていなかったためにJawboneシリーズを日本で使うことはできなかったのです。

 というわけで長い前振りでしたが、今回の新製品となるJawbone ICONを紹介しましょう。 続きを読む…»


バッファローコクヨサプライから全長94mmの大型Bluetoothヘッドセット『BSHSBE08A』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100928 バッファローコクヨサプライから、全長が94mmとなる大型のBluetoothヘッドセット『BSHSBE08A』を発表しました。

 ダブルマイクとDSPを搭載しており、まっとうなノイズキャンセルを使用できるBluetoothヘッドセットとなっています。最初にBluetoothヘッドセットを見た時に多くの人が「これでちゃんと声を拾ってくれるのかなぁ」という不安感を持つのではないでしょうか。
 『BSHSBE08A』は全長が94mmということもあって、安心感があると思われます。まぁ、実際には短くてもなんら問題ないのですが。
続きを読む…»