BluetoothでPCと接続できるデジタルアンプ『RDA-560』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090824スピーカーに対して、さまざまな設定をPCからできるデジタルアンプ『RDA-560』が8月31日に発売されます。

PCとの接続はUSBによる優先接続か、Bluetoothによる無線接続。

この場合のBluetoothはA2DPでの接続ではなく、あくまでもPCとの接続に用いられるようです。音量、トーン、位相などの設定をPCで行うことができるのですが、そのデータ転送をBluetooth(おそらくSPP)で行えるということでしょう。

USBは簡単な接続方法ではありますが、一度オーディオラックに設置してしまうとどうしても優先接続というものは面倒な作業です。これをこっちに、あれをあっちに……というような作業になってしまいます。

それをBluetoothで解決するというのはよいアイディアですね。

ユニバーサルインターフェイスであるBluetoothの面目躍如といったところでしょうか。


■関連記事
ラステーム、1台でマルチアンプ駆動可能なデジタルアンプ(AV Watch)

■商品情報
ラステーム・システムズ RDA-560

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL