米Microsoft、モバイル向けの『Bluetooth Mobile Keyboard 6000』を発表

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090910米MicrosoftはBluetoothに対応したテンキーとフルキーボードが分かれている薄型キーボード『Bluetooth Mobile Keyboard 6000』を北米にて発表しました。

その最大の特徴はその薄さ。
もっとも厚い部分で単4電池よりも数ミリほど厚いていど。手前にくるにしたがってさらに薄くなっているとのことです。
重量は発表されていませんが、プレスリリースでは「簡単に持って歩けるほどの軽さ」となっているので、それなりに軽いようです。

形状はマイクロソフト製キーボードらしいブーメランスタイル。

また、テンキーとフルキーが分かれているので、テンキーを必要としていないシーンではフルキーのみを持ち歩く……というようなことができます。さらにテンキーは別売りもあるそうです。

サイズはフルキーの横幅が35.5cm、奥行きが16.7cm。テンキーは横幅10.2cm、奥行きが13.4cm。

価格はBluetooth Mobile Keyboard 6000のセットが$89.95U.S.、テンキーの『Bluetooth Number Pad』が$44.95U.S.。BluetoothのテンキーというのはFILCOブランドのMajestouch Wireless TenkeyPad以来の製品となります。

10月にはリリースの予定。

電源は単4電池3本……とありますが、フルキー、テンキーの両方とも3本必要とするのか、2本と1本なのかというような部分はまだ不明。


日本では日本語キーボードにしなくてはならないという制約があるのですが、それでも出るのではないかなという感触はあります。最上位機種となるWireless Entertainment Desktop 8000も日本語化されています。

ネットブックの隆盛もあるので、Bluetoothキーボードへの需要も上がっているはずです。というわけで、発売してくれるのではないかと考えます。

■製品情報
Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000(米Microsoft/英語)

関連エントリ@BluetoothManiaX


One Response to “米Microsoft、モバイル向けの『Bluetooth Mobile Keyboard 6000』を発表”

マイクロソフト、薄型Bluetoothキーボード『Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000』とテンキーパッド『Microsoft Bluetooth Number Pad』 | Bluetooth ManiaX on 9月 29th, 2009 1:40 PM:

[...] 北米ではすでに発表になっている『Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000』のJIS配列版が発表になりました。また、同時に『Microsoft Bluetooth Number Pad』も発表されています。 [...]


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL