プリンストン、電話機をBluetooth化できるアダプタ『PTM-TA1』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091002プリンストンは家庭の電話をBluetooth化できるアダプタ『PTM-TA1』を発売しています。発売は先月の11日で、すでに発売中です。

モジュラージャックを使って使用するものであれば、IP電話であっても問題なく使用することができます。

スペックはBluetooth 2.0+EDR。100m対応のCLASS1。プロファイルはHSPに対応しています。マルチペアリングに対応しており、8台までのヘッドセットとのペアリング記録をメモリー刷ることができます。

同時接続のマルチポイントには対応していません。


複数のPINコード(ペアリングキー)に対応しており、0000・1234・6666・8888でペアリングさせることができます。手動でのペアリングキー入力にも対応しているので、すべてのヘッドセットで接続可能といえるでしょう。

携帯電話でも同様ですが、両手を使っていたいというシーンは少なからずあります。料理や洗濯など。

またCLASS1対応なので、見通しのいいところであれば100mまで通話が可能です。現在のところ、CLASS1対応のヘッドセットは日本国内で販売されているものはJabra M5390だけなのですが、これは電話機アダプタも同梱されているので意味がないのですよね……。

アメリカではCallpad Dragonというヘッドセットがあって、これはCLASS1なのですが……日本に発送してくれないのですよ。

ただ、CLASS2のヘッドセットを使っていても、発信元がCLASS1だと安定することが多いので、まったく意味がないというわけではありませんが。

市場価格は7,980円といったところ。割と面白そうな製品ではあります。

[PR] Amazonで『PTM-TA1』を購入
[PR] 楽天で『PTM-TA1』を購入する

■商品情報
PTM-TA1(Princeton)

関連エントリ@BluetoothManiaX


One Response to “プリンストン、電話機をBluetooth化できるアダプタ『PTM-TA1』”

もにょ夫 on 10月 3rd, 2009 12:45 AM:

意外に安いですね。class2でも手持ちのヘッドセットを流用できるのはいいかも。
class1対応のヘッドセット等の受信機も用意して欲しいところですね。


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL