ゼンハイザー、Bluetoothヘッドフォンの『MM 100』、『MM 400』、『MM 450』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091117 ゼンハイザーから一気に3機種のBluetoothヘッドフォンが発表されました。ヘッドバンド型の『MM 100』、オーバーヘッド型の『MM 400』、MM 400にノイズキャンセル機能を導入した『MM 450 TRAVEL』の3機種です。かなり本格的なヘッドフォンが出てきました。

 まず、最初の画像の『MM 100』ですが、ヘッドバンド型となっています。画像からの印象ではかなりの大型に見えますが、重量が54グラムということからそれほどでもないことが予想できます。ちなみにモトローラのS305が52グラム。

 スペックはBluetooth 2.0+EDRに対応。プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP。オープンエアタイプなので、運動時などにも使えるとのこと。
 連続再生時間は7.5時間。連続通話時間が9時間。連続待受は220時間。充電は同梱のUSB、もしくはAC→USBアダプタ。充電時間は2.5時間となっています。
 価格はオープンプライスで、市場想定価格は20,000円。
 現状ではAmazon.co.jpではまだ価格が出ていない状況です。

091117b ついで、オーバーヘッド型の『MM 400』。画像のようにきっちりとした密閉型。日本で発売されているものでは、ソニーのDR-BT50以来の密閉型かも知れません(DR-BT50の密閉度は決して高くないのですが)。

 スペックはBluetooth 2.1+EDRに対応。MM 100と同様にHSP/HFP/A2DP/AVRCPに対応しています。
 また、Jabra HALOと同じようにワイヤードヘッドフォンとしても使用可能。ミニプラグと航空機内で使うダブルモノプラグアダプタに対応しています。

091117d 航空機内用のアダプタがあるように、持ち運びということも考えられており、左の画像のように折りたたむことができ、さらにキャリーケースも同梱されています。
 充電はUSBケーブル、もしくはAC→USBアダプタ。これには国別の変換アダプターが4点付属しています。充電時間は3時間。連続再生時間は10時間、連続通話時間は20時間。現在のところ連続待受時間は不明です。
 なお、バッテリーパックは取り外すことができるので、電池が劣化したときには取り替えられるという特徴があります。
 重量は105g。

 価格はオープンプライスで、想定市場価格は33,000円前後。Amazon.co.jpでは32,800円で予約を開始しています。


091117c 最後にノイズキャンセル機能の搭載された『MM 450』。この『NoiseGuard』という名称のノイズキャンセル機能はヘッドセットのものではなく、いわゆる外部の環境音をシャットアウトするノイズキャンセルヘッドフォンとして作用するものです。
 また、通話用のマイクを使って外部の音をヘッドフォンで聞くTalkThroughという機能があり、ヘッドフォンを装着したままで会話ができます。ただし、この機能には接続先によって制限があるので、購入前に製品ページをチェックしておく必要があるでしょう。
 その他のヘッドフォンとしての機能はMM 400とほぼ同一。カラーリングもほぼ同じです。
 ノイズキャンセリング機能を使用している場合、連続再生時間が8時間となるところだけが異なっています。

■Amazon.co.jpでMM 400 / MM 450 TRAVEL / MM 100の価格をチェック
■楽天市場でMM 400 / MM 450 TRAVEL / MM 100の価格をチェック

■製品情報
ゼンハイザー MM 400
ゼンハイザー MM 450
ゼンハイザー MM 100

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
ゼンハイザー MM 400
ゼンハイザー MM 450 TRAVEL
ゼンハイザー MM 100


関連エントリ@BluetoothManiaX


2 Responses to “ゼンハイザー、Bluetoothヘッドフォンの『MM 100』、『MM 400』、『MM 450』”

ゼンハイザー、apt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PX210BT』 | Bluetooth ManiaX on 11月 27th, 2009 3:28 PM:

[...]  先日発売されたMM 100/MM 400/MM450 TRAVELはそれぞれ、ゼンハイザーコミュニケーションの製品で、かつHSP/HFPに対応ということで位置づけが異なるようです。 [...]


zsk on 2月 24th, 2010 5:08 PM:

>まず、最初の画像の『MM 100』ですが、ヘッドバンド型となっています。

「ネックバンド型」のようですね^^

念のため。


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL