ロジテック、ステレオ出力可能なA2DP対応Bluetoothヘッドセット『LBT-HPS01C2』シリーズ

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091121 ロジテックは片耳、両耳のどちらでも使うことのできるA2DP対応となるBluetoothヘッドセット『LBT-HPS01C2』シリーズを発表しました。

 充電口兼ケーブル差し込み口があり、そこに同梱のイヤフォンケーブルを挿すことでステレオヘッドフォンとして使うこともできるという『Plantronics Voyager 855』と同タイプのヘッドセットとなっています。

 スペックはBluetooth 2.1+EDR/CLASS2に対応。プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCPに対応しています。AVRCPに対応しているところがよいですね。
 充電用にAC→USBアダプタが同梱されている『LBT-HPS01C2A』と、ヘッドセット単体の『LBT-HPS01C2』がシリーズとしてあり、同梱版のカラーバリエーションがブラック、シルバー、レッド、ゴールドの4色。ヘッドセット単体のカラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。
 重量は8.3グラムの小型軽量ヘッドセットとなっています。

 リチウムポリマー充電池を電源として、連続通話時間が4.5時間、連続再生時間が3.5時間、連続待受時間が90時間となっています。USB充電を基本としており、前述のようにmicroUSBで充電します。


■BluetoothManiaX Wikiデータベース
Bluetoothヘッドセット > LBT-HPS01C2
A2DP対応ヘッドセット一覧

■製品情報
ロジテック LBT-HPS01C2シリーズ

■関連記事
ロジテック、片耳装着型のBluetoothヘッドセット(AV Watch)

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL