シグマAPO、Bluetooth受信+FMトランスミッターの『SBT06』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091130 シグマAPOから携帯電話などからBluetoothで音楽を受信し、そのデータをFMトランスミッターとして飛ばすという車載向けのBluetooth機器『SBT06』が発売になっています。

 本体にはA2DP/AVRCP以外にHSP/HFPとマイクを搭載しており、カーオーディオをハンズフリーのスピーカーフォンとして使うことができるようになるという製品です。
 電源はシガーソケットのみとなっており、車載専用となっています。本体側面にライン入力、ライン出力端子があるので、Bluetoothで受信した音楽を有線接続でカーオーディオに流すことも可能です。

 また、USBポートがあり、携帯電話などを充電することもできます。かなり細かいところまで配慮の行き届いた製品といえますね。

 Bluetoothのスペックとしては2.1に対応。SCMS-Tにも対応しているのでワンセグ音声などの著作権保護の施されたデータも再生可能となっています。
 惜しくべくは車載専用となっているところでしょうか。
 それでもBluetoothとFMトランスミッターを組み合わせるというユニークな製品であるのは間違いのないところで、カーナビがBluetooth対応でなければ持っておきたいアイテムであるといえるでしょう。


 カラーバリエーションは画像のブロンズとガンメタリックの2色。価格はオープンプライスですが、市場想定価格は7,980円。Amazon.co.jpでは7,480円で予約を開始しています

■製品情報
シグマAPO SBT06

■その他関連記事
シグマA・P・O、Bluetooth内蔵FMトランスミッター「SBT06シリーズ」 (インプレスCar Watch)

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL