今夏のアップデートはBluetooth 2.2ではない! Bluetooth 3.0登場!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090117先月、Bluetooth 2.2は2009年頃という記事をアップしましたが、そのソースであるC-Netではその3日後に記事がアップデートされていました。
2009年中頃に出るBluetoothの名称は2.2では……ない?

C-Netの日本版ではいまひとつなにを言っているのか分からなかったので、詳細を求めてみました。どうやら日本では一切アップデートされておらず、さらにその後の動向を書いているところもないようなので、BluetoothManiaXのスクープといえるかもしれません。
英語のこの記事がいちばん分かりやすいかなということで、翻訳を試みてみましょう。

引用ここから
—-
Bluetooth SIG: 2009 Update is 3.0, not 2.2(WirelessWeek)

Bluetooth SIGのエグゼクティブディレクターのMike Foleyは2009年に行われるBluetoothのアップデートは2.2ではなく3.0となるであろうと語った。

Mike Foleyは「長きに渡って討議されてきたBluetoothの高速化は今夏に行われるが、バージョンは2.2とはならない。まだ最終的な決定はなされていないが、個人的には3.0となる可能性が高いのではないかと考えている」とWirelessWeekに語った。

全体的な速度の高速化に加え、メジャーアップデートとなるBluetoothはペアリングにおいても短い時間で済むような仕掛けがなされる。Bluetoothキーボードのようなものには大きな意味を持たないかも知れないが、電話通信技術的には大きな改善となるだろうとも語った。

また、省電力Bluetoothに関してもロードマップがある。

Bluetooth SIGは2008年にテルアビブ近くのTI社の設備でもう一度会合を行う。2009年には数度のunplugfests(訳注:簡単に言えばワイヤレス技術者の集い)が予定されている。1/9、2/2、6/2、10/5はBluetooth.orgに記されている。
—-
引用ここまで


さて、ここで提示された事実を整理してみましょう。

・夏にBluetoothのアップデートが行われる。
・全体的な高速化が行われる。
・バージョンは2.2ではなく3.0となる蓋然性が高い。
・省電力Bluetoothは別途ロードマップに存在する。

具体的にどのような技術が応用されるかは語られていないので、なんともいえません。UWBが統合されるのか、それとも以前に語られたIEEE 802.11、すなわち無線LANを統合したものになるのか。
ただ、去年の今頃に語られたロードマップではIEEE 802.11を統合したバージョンは2009年の夏頃に公開されるとされていました。
UMBはまだ規格制定においてゴタゴタが続いているようですので、現実的な解としてBluetoothに無線LANを組み入れたものとなるのではないかと思われます。

どちらにしても規格が発表されてから機器が発売されるまで1年、充分に浸透するまでは1年半~2年ほどかかります。これは2.1+EDRが2007年の3月に発表されていることからも推し量れるでしょう。

Bluetooth 3.0はおそらくBluetoothにとってブレイクスルーとなるメジャーアップデートになるでしょう。帯域は大幅に拡がるはずなので、音声や音楽の高音質化も考えて欲しいですね。

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL