iPhoneのBluetooth接続で曲送りを実現させるアプリが登場

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100210 BluetoothでiPhone OSの曲送り・戻しができないということは万国共通の悩みのようです。

 そこで『Bluetooth Helper』というアプリが出てきました。設定した秒数以内に一定の動作を行うと、曲送り、曲戻しができるようになるというものです。
 マウスジェスチャーでブラウザをコントロールするというようなイメージですね。

 BT Helperで可能になっている動作は4種類。曲送り、曲戻し、早送り、逆送り。

・曲送り
ポーズ→再生を設定した秒数以内に。

・曲戻し
ポーズ→再生→ポーズを設定した秒数以内に。

 この動作を監視している時間は初期設定では3秒。その他、早送り、逆送りもできるようです(初期設定では設定なし)。

 一種の常駐ソフトで、Bluetooth機器から送られてくるコマンドを監視して、上記の動作が一定秒数内にあればプレイヤーに指令を送るというものですね。単純なソフトですが、コロンブスの卵とでも言うべきでしょうか。


 有料アプリで価格は$0.99U.S.。日本では115円。英語版しかありませんが、さほど難しい動作をさせるわけでもないので、問題ないでしょう。

Bluetooth Helper@iTunesBluetooth Helper
(iTunesが起動します)

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL