ゼンハイザーからapt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PXC 360 BT』、『PX 360 BT』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

101225 ゼンハイザーからapt-X対応の密閉型Bluetoothヘッドフォン『PXC 360 BT』と『PX 360 BT』が発売になっています。
 どちらも密閉型で、違いはノイズキャンセル機能を搭載しているか否か。
 この場合のノイズキャンセルは通話のそれではなく、逆位相によって周辺ノイズを打ち消して音楽を聴きやすくするものです。
 ノイズキャンセル機能を搭載しているのは『PXC 360 BT』で、ノイズキャンセル用のマイクを利用してヘッドフォンをかけたままで会話のできるトークスルー機能も搭載しています。それ以外は『PXC 360 BT』、『PX 360 BT』ともに基本的に同じスペックとなっています。
 『PXC 310 BT』と『PX 210 BT』と同じ関係で、命名規則が変更された模様です。

 耳をすっぽりと覆う、オーバーイヤータイプの密閉型Bluetoothヘッドフォン。ドライバもかなり大型のものが採用されています。1.4mの接続ケーブルが同梱されており、ワイヤードでオーディオ端子に接続も可能となっています。また、6.3mmステレオジャックへの変換アダプタ、航空機用アダプタが同梱されています。

 スペックはBluetooth 2.1+EDRに対応、搭載プロファイルはA2DPとAVRCP。HSP/HFPは搭載されていませんので注意してください。
 電源は着脱式のリチウムポリマーバッテリーで、Bluetoothヘッドフォンとしての動作時間は10時間。
 PXC 360 BTがワイヤードでノイズガードを使用した場合は20時間。Bluetooth+ノイズガードで使用した場合は8時間となります。
 どちらも高音質、低レイテンシのapt-Xに対応しています。

 現在のところ、どこにも商品登録がないようなので市価は不明ですが、イギリスのAmazon.co.ukではPXC 360 BTが£300前後PX 360 BTが£200ていどで販売されています。
 日本円ではPXC 360 BTが38,800円、PX 360 BTが25,800円くらいではないでしょうか。


【追記】
 楽天市場ではPXC 360 BTが4万円を切るていどPX 360 BTが2万9,000円を切るていど。AmazonでもPXC 360 BT / PX 360 BTともに販売が開始されています。

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・PXC 360 BT
 ・PX 360 BT
 ・apt-X 対応製品一覧

■製品情報
 ・PXC 360 BT(ゼンハイザージャパン)
 ・PX 360 BT(ゼンハイザージャパン)

関連エントリ@BluetoothManiaX


One Response to “ゼンハイザーからapt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PXC 360 BT』、『PX 360 BT』”

Tweets that mention ゼンハイザーからapt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PXC 360 BT』、『PX 360 BT』 | Bluetooth ManiaX -- Topsy.com on 12月 25th, 2010 4:19 AM:

[...] This post was mentioned on Twitter by YOSHIKAWA Sts, 華月. 華月 said: ゼンハイザーからapt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PXC 360 BT』、『PX 360 BT』 http://bit.ly/hryeQC [...]


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL