PlantronicsからA2DP対応の『Voyager PRO+』がひっそりと発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Voyager PRO+ ハイエンドヘッドセットとして知られているPlantronicsのVoyager PROの後継機……というか、機能追加版である『Voyager PRO+』がひっそりと発売されました。
 現在、Plantronicsの日本語サイトがリニューアル作業中ということもあり、製品はすでに発売されているのに公式サイトにデータがないという状況だったりするのですが。

 なにが+なのか。
 要するにA2DPに対応しています。スペック的な差異はそれ以外なにもありません。
 アメリカではVocalystというサービスがあり、Evernoteなどに音声を送ることができたのですが日本ではサービス自体を行わないようです。
 その他、iPhoneのBluetoothヘッドセットバッテリーメーター表示に対応しています。

 スペックとしてはBluetooth 2.1+EDRに対応。搭載プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。ただし、AVRCPは再生と停止のみに対応です。
 電源は内蔵充電池で、microUSBでの充電。連続通話時間は6時間で、連続待受が120時間。

 Bluetoothヘッドセットとしてノイズキャンセル機能が高く、複数のマイクとDSPを搭載しています。特に風切り音に対しての機能は高いものとなっています。
 また、マイクブームがBluetoothヘッドセットとしてはかなり長く、「通話しているという印象を周囲に与えることができる」のも特徴。これを是とするか否かはユーザーによるといったところでしょう。


110123b ちなみにVoyager PROとVoyager PRO+の外面的な違いはマイク部分のメッシュが+のほうが細かいという1点のみ。このあたりも風切り音の低減に役立っているのかも知れません。
 あ、それと背面のロゴが異なっています。
 全体的な形状は変更されていませんので、キャリーケースなどのアクセサリも流用できるということになります。ちなみにVoyager PROのような形状のヘッドセットは持ち運びに注意しておきたいので、キャリーケースは重要です(Jabra STONEをレビューで進めたのもそのあたりでラフに使えるからでしたね)。

 発売日は1月21日でした。価格はオープンで、多くの通販ストアで1万800円ていどで販売されています。

【PR】
 ・Amazon.co.jpでVoyager PRO+をチェック
 ・楽天市場でVoyager PRO+をチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・Bluetoothヘッドセット > Plantronics > Voyager PRO+

関連エントリ@BluetoothManiaX


One Response to “PlantronicsからA2DP対応の『Voyager PRO+』がひっそりと発売”

Tweets that mention PlantronicsからA2DP対応の『Voyager PRO+』がひっそりと発売 | Bluetooth ManiaX -- Topsy.com on 1月 24th, 2011 12:53 AM:

[...] This post was mentioned on Twitter by unko_tamezou and 華月, BluetoothManiaX. BluetoothManiaX said: エントリ書きました:A2DPに対応した『Voyager PRO+』がひっそりと発売 http://bit.ly/dSa0Ct [...]


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL