バッファローコクヨサプライ、片耳/両耳ともに対応するA2DP搭載ヘッドセット『BSHSBE14』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110729 バッファローコクヨサプライから、片耳のヘッドセットに付属のイヤフォンを差すことで両耳のステレオヘッドフォンとして使用できるA2DP対応のBluetoothヘッドセット『BSHSBE14』が発売されます。

 画像のように別途にイヤフォンが用意されており、これをmicroUSBコネクタに差すことでステレオヘッドフォンとして使用することができます。
 また、イヤフォンを差していない状態でもA2DPに対応しており、片耳で音楽を聴くことが可能です。イヤフォンを差していないと自動的に左右の音源がミックスされたモノラルとなり、まともに音楽鑑賞ができるというのは大きなポイントといえるでしょう。

 スペックはBluetooth2.1+EDRに対応。搭載プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCPになっています。SCMS-Tにも対応しており、ワンセグやLISMOなどの著作権保護対策の行われている音声を転送することもできます。
 電源は内蔵バッテリーで、最大待受時間は約90時間。連続通話時間は約4.5時間。連続音楽再生時間は約4時間。満充電までは約2時間となっています。
 充電端子はmicroUSB端子。

 重量は本体が7グラム、付属イヤフォンが5グラムでステレオヘッドフォンとして使用する場合は約12グラム。
 イヤープラグはカナル型で、S/M/Lのイヤーピースが同梱されています。収納ポーチも同梱。
 なお、SCMS-Tにも対応しており、ワンセグ音声やLISMOの受信も可能です。

 カラーバリエーションはブラック、ブラウン、シルバー、レッドの4種類……とはいっても、側面のラインカラーが変わるのみ。
 スマートフォンで使うときにカバーと合わせたりするとよいかもしれませんね。


 発売は8月中旬。定価は5,350円ですが楽天市場のバッファローダイレクトでは3,980円で予約受付中となっています。
 小型なだけあって再生時間がやや不安ではありますが、充電コネクタが一般的なmicroUSBとなっているので出先での充電も難しくないはずです。

【PR】
・Amazon.co.jpでBSHSBE14 ブラック / シルバー / ブラウン / レッドをチェック
・楽天市場でBSHSBE14をチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・バッファローコクヨサプライ Bluetoothヘッドセット > BSHSBE14
 ・BluetoothManiaX A2DP対応ヘッドセット一覧

■製品情報
 ・バッファローコクヨサプライ BSHSBE14

関連エントリ@BluetoothManiaX


2 Responses to “バッファローコクヨサプライ、片耳/両耳ともに対応するA2DP搭載ヘッドセット『BSHSBE14』”

妄想エンジン on 8月 28th, 2011 3:58 AM:

>イヤフォンを差していないと自動的に左右の音源がミックスされたモノラルとなり

なりません。パッケージにはそう書いてあるのですが
上からシールを貼ってあって訂正してありました。
期待して買ったのに…。


grief on 9月 30th, 2011 5:40 PM:

http://buffalo-kokuyo.jp/news/data/2011/08/110823/index.html
仕様が変更されたそうです。
発表に気付かずにamazonで購入してしまって酷く後悔しました…


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL