Bluetoothハンドセット、アダプタ型ヘッドフォンユニット、キーボードの1台3役の『PTM-BHK iBOW mobile』がプリンストンから

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110805 プリンストンテクノロジーから1台でBluetoothハンドセット、アダプタ型ヘッドフォンユニット、キーボードとして使えるBluetoothガジェット『PTM-BHK iBOW mobile』が発売されます。

 基本的にはBluetoothハンドセットです。そこに36キーのBluetoothキーボードと好きなヘッドフォンを差して使うアダプタ型ヘッドフォンユニットの機能も搭載したという1台3役のまさにガジェットといった製品となっています。
 iPhone向けにはブラック/ホワイトの2色のカラーバリエーションがあり、型番が『PTM-BHKIB』、『PTM-BHKIW』、Android用のものは『PTM-BHKAN』となっています。
製品としてそれほど大きな差はありませんが、iPhone用はキーボードにHomeキーがあり、Commandボタンが用意されています(Android用はModeキー)。

 まず、キーボードとしては前述のように36キー+2つのFnキーという構成になっており、基本的にはアルファベット入力のみ。他の数字と記号はFn1、Fn2との入力するというタイプになっています。
 キーピッチは7mmなので、「キーボードとして使う」というよりは「キーボードとしても使うことができる」という製品であると考えたほうがよいでしょう。フリックやテンキー入力が苦手な筆者のような人間向きの製品といえます。
 ちなみに内部的にはASCIIの英語キーボードに準拠しています。

 また、Bluetoothハンドセット(耳に装着するのではなく、手で持って会話するタイプ)としても使用可能。45グラムなので、スマートフォン本体を持つよりは楽といったところでしょうか。

 アダプタ型のヘッドフォンユニットとしても使うことができます。これもかなりオマケ感が強いところではあります。「こういうこともできますよ」というところですかね。

 スペックはBluetooth 2.1+EDRに対応。搭載プロファイルはHID/A2DP/AVRCP/HFP/HSP。
 電源は内蔵リチウムポリマー充電池で、連続音楽再生時間は15時間。連続通話時間は20時間。連続待受時間は400時間となっています。
 充電はUSBで行います。現在のところ、コネクタ種類は不明(問い合わせ中)。なお、AC→USBアダプタは同梱されていません。


 発売は8月中旬。定価は8,980円ですが、楽天市場のダイレクトショップでは7,980円で予約受付中となっています。
 基本的にはハンドセットであると考えて、他の機能はオマケであると考えたほうがよさそうですが筆者のようなキーボードスキーにはたまらないガジェットとなっていますね。

【PR】
・楽天市場でiBow mobile PTM-BHKをチェック
・Amazon.co.jpでPTM-BHKIB / PTM-BHKIW / PTM-BHKANをチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・Bluetoothキーボード一覧 > プリンストン PTM-BHK iBOW mobile

■製品情報
 ・Bluetooth関連 > PTM-BHK iBow mobile(プリンストンテクノロジー)

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL