ロジテック、マルチポイントと音楽再生に対応した低価格Bluetoothヘッドセット『LBT-HS320』シリーズ

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120106 ロジテックからダイレクト価格で3,980円ながらもマルチポイントと音楽再生に対応したBluetoothヘッドセット、『LBT-HS320』シリーズが1月中旬に発売されます。

  いつものように販路やカラーバリエーションで多くのモデルがありますが、基本的な機種はひとつのみとなっています。

 スペックはBluetooth 3.0に対応。Class 2に対応しており、10メートル以内のBluetooth機器とワイヤレス接続が可能です。
 搭載プロファイルはHFP/HSP/A2DP。
 HFPは1.5の対応となっており、HD Voiceには対応していません。
 A2DPには対応していますが、AVRCPには対応しておらず、曲送りなどはできません。また、SCMS-Tに対応しており、ワンセグやauのLISMOといった著作権保護されたコンテンツも再生することができます。

 電源は内蔵充電池。連続音楽再生時間は約5時間、連続通話時間は約6時間。連続待受時間は約150時間。充電時間は問い合わせ中です。
 USBによる充電に対応しており、コネクタはmicroUSB。充電用のケーブルが付属しています。
 その他、イヤーフックは大・小が1個ずつ、イヤーパッドはS/M/Lが1個ずつ付属しています。
 サイズは17(H)×55(W)×10.5(D)mm。重量は8グラム(イヤーフックを除く)。

 なお、iPhoneと接続させると画面上部にヘッドセットのバッテリーステータスを表示させることができます。Android3.0以降で同様の機能に対応しているヘッドセットも存在しますが、LBT-HS320はAndroidでの表示には対応していません。

 マルチポイントとマルチペアリングに対応しているのも大きなポイントといえるでしょう。
 マルチポイント対応によって2台の携帯電話/スマートフォンにLBT-HS320を同時接続させることが可能となっています。
 マルチペアリングは8台までの接続機器情報をメモリーすることができます。

 販路によって品番が異なり、PC向けの販路ではLBT-PCHS320となり、携帯電話向けの販路ではLBT-MPHS320となります。
 さらにシガーチャージャーの付属するLBT-MPHS320CBKがラインナップに加わっています。ですが、ヘッドセット本体のスペックはどれも変わりません。
 カラーバリエーションはLBT-MPHS320がシルバー、ブラック、ホワイト、ブルーの4種、LBT-PCHS320がブラックとシルバー、LBT-MPHS320CBKはブラックのみとなっています。

 価格はオープンプライスですが、ロジテックのダイレクトショップではLBT-MPHS320/LBT-PCHS320は3,980円、シガーチャージャーの付属するLBT-MPHS320CBKは4,280円となっています。


 発売は1月中旬予定。低価格ながらもマルチポイントに対応しているのが注目点といえます。

【PR】
 ・楽天市場でLBT-MPHS320 / LBT-PCHS320 / LBT-MPHS320CBKをチェック
 ・Amazon.co.jpでLBT-MPHS320BK LBT-MPHS320SV LBT-MPHS320WH LBT-MPHS320BL / LBT-PCHS320BK LBT-PCHS320SV / LBT-MPHS320CBKをチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・ロジテック Bluetoothヘッドセット LBT-HS320
 ・A2DP対応ヘッドセット一覧
 ・マルチポイント対応Bluetooth製品一覧

■製品情報
 ・ロジテック LBT-MPHS320
 ・
ロジテック LBT-PCHS320
 ・
ロジテック LBT-MPHS320CBK

関連エントリ@BluetoothManiaX


One Response to “ロジテック、マルチポイントと音楽再生に対応した低価格Bluetoothヘッドセット『LBT-HS320』シリーズ”

kita-toshisuke on 4月 19th, 2012 11:00 AM:

このたび、購入するのは、4個目です。

今までよりも断然使用感は最高です。使ってみて耳には、負担なくつけているのを忘れるぐらいです。

性能が良いと重たくなり耳に負担が、イヤーフックも取り付けている、と、痛くなる。外しても付けている感じがする。重いためか?

軽いと仕様感は無くともスイッチ等が難しい
ほとんどの商品が、表面にスイッチが在る。ので、スイッチを入れるときに耳を押さえる感じとなるので耳の中に、押し込む形となり、負担が増すが、この商品はサイドにスイッチが在るので負担が少ない。


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL