ソニーからBluetoothにも対応した2.1chスピーカー『RDP-NWG400B』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120202 ソニーからウォークマンの周辺機器として、Bluetoothにも対応した2.1chスピーカー『RDP-NWG400B』が発表されました。上部パネルにウォークマン専用のドックを備えており、充電とウォークマンからの再生が行えます。通常のステレオスピーカーに加えてサブウーファーを備えており、重低音再生を重視したモデルとなっています。

 ウォークマンドックはこれまでほとんどの製品でZシリーズには対応していなかったのですが、『RDP-NWG400B』はZシリーズにも対応しています。

 Bluetoothも搭載しており、ペアリング済のウォークマンからスピーカーの電源を入れることのできるBluetoothスタンバイ機能を持っているのはチェックポイントでしょう。

 Bluetooth 2.1+EDRに対応しており、搭載プロファイルはA2DP/AVRCP。Class2に対応しているので、10m以内のスマートフォンやウォークマンからワイヤレス接続が可能です。
 定格出力はステレオ部分が5W×2、サブウーファーが10W。
 モバイル仕様ではないので電源はACアダプタのみです。また、背面にUSB端子が装備されており、スマートフォンなどの充電を行うこともできます。
 もちろん、ステレオミニプラグでのワイヤード入力も可能となっています。

 サイズは360(W)×104(D)×112(H)mm。重量は約1.5kg。カラーバリエーションはブラックとホワイト。


 発売は2月11日。価格はオープン価格ですが、Amazon.co.jpでは1万2,800円で予約受付中となっています。

【PR】
・Amazon.co.jpでRDP-NWG400B ブラック / ホワイトをチェック
・楽天市場でRDP-NWG400Bをチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
ソニー RDP-NWG400B
Bluetoothスピーカー一覧

■製品情報
“ウォークマン”ドックスピーカー RDP-NWG400B(ソニー)

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL