ソニーモバイル、メールなどを表示できるBluetoothレシーバ『MW1』。MP3プレイヤー/FMラジオとしても使用可能

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120706 ソニーモバイルがXperiaをはじめとしたAndroidを搭載したスマートフォンと連携させることのできるBluetoothヘッドフォン『MW1』を発表しました。
 Bluetoothヘッドフォンとしてはいわゆるアダプタ型のもので、カナル型のヘッドフォンが同梱されています。

 ただし、『MW1』の最大の特徴はBluetoothヘッドフォンであることではありません。
 Google PlayからLiveWareと呼ばれるアプリをインストールすることで、メールやTwitter、Facebookなどのチェックや、カレンダーの通知などを表示することができるようになります。
 また、AVRCP1.3に対応しているものであれば、このディスプレイに曲名表示も可能です。

 いわばソニーモバイルの出しているアクセサリである『MN2』と同じような機能を、Bluetoothヘッドフォンとして使用することができるというわけです。
 LiveWareはアプリ内アプリでGmailやTwitterに対応することができ、これらの機能はソニーモバイル純正のものだけではなく、第三者がアプリを作成することができます。
 中には「偽コールで会議から抜け出す」というようなアプリまで存在しています。

 スペックはBluetooth 3.0に対応。搭載プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/SPP。
 電源は内蔵のリチウムイオン充電池。連続音楽再生時間は約8.5時間、連続通話時間は約11時間。連続待受時間は約600時間となっています。
 充電は付属のmicroUSBケーブルで行い、充電時間は約2時間。
 対応コーデックはSBCのみ。SCMS-Tにも対応しているのでワンセグテレビの音声もワイヤレス接続可能です。


 また、『MW1』はBluetoothヘッドフォンとしてではなく、単体でMP3プレイヤーとしても使用することができ、さらにFMラジオとしても使うことができます。
 本体にmicroSDスロットがあり、4GBのmicroSDカードが同梱されています。ちなみに海外で先行発売されているのですがそちらでは2GBでした。
 その他、microSDリーダライタも同梱されています。対応している音楽フォーマットはMP3/WAVE/PCM。

 これらの機能を含めてソニーモバイルでは『MW1』を「スマートワイヤレスステレオヘッドセット」と称しています。

 発売は7月21日。価格はオープンプライスですが、市場想定価格は1万3,000円ていど。Amazon.co.jpでは12,132円で予約受付中となっています。

【PR】
・楽天市場でMW1をチェック
・Amzon.co.jpでMW1をチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
 ・ソニーモバイル MW1

■製品情報
 ・ソニーモバイル スマートワイヤレスステレオヘッドセット MW1

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL