モトローラモビリティからスポーツ仕様でapt-X対応のBluetoothヘッドフォン、『SF600』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120710 モトローラモビリティからスポーツ仕様のBluetoothヘッドフォンとなる『SF600』が発表されました。

 同社のS10-HDと同じネックバンドタイプで、カナル型のヘッドフォン。汗などの水滴の侵入を防ぐスポーツ仕様となっています。
 ただし、耳栓型なので、外の音を完全にシャットアウトしてしまいます。そのため、ジョギング等のアウトドアでのスポーツには向いていません。
 スポーツジムでトレッドミルやエアロバイクなど屋内で、スマートフォンを傍らに置いて音楽を聴きながらトレーニングという使い方をすべきでしょう。
 なお、イヤーパッドは5種類が用意されており、ユーザーに最適なものが選択できます。

 Bluetooth 3.0 Class2に対応。搭載プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。HFPは1.6の対応となっていますが、HD Voiceへの対応はアナウンスされていません。
 電源は内蔵バッテリーで連続再生時間は約7時間、連続通話時間は約7.5時間、連続待受時間は40時間となっています。
 充電はmicroUSB経由で行い、充電時間は最大で3時間。
 なお、SCMS-Tにも対応しているのでワンセグ音声やLISMOの受信も可能です。

 重量は45グラム。
 カラーバリエーションは画像のブラックのみ。

 高音質低レイテンシのapt-Xにも対応しており、たとえばゲームやビデオ鑑賞にも遅延を気にしないていどで違和感なく使うことができます。
 同社のRAZR IS12Mもapt-Xに対応していますので組み合わせるとよいかもしれません。


 発売は今週末の7月13日。価格はオープンプライスですが、市場想定価格は1万2,800円前後。Amazon.co.jpでは1万2,357円楽天市場の最安値では1万2,119円で予約受付中となっています。

【PR】
・楽天市場でモトローラ SF600をチェック
・Amazon.co.jpでモトローラ SF600をチェック

■BluetoothManiaX Wikiデータベース
モトローラ SF600
apt-X対応製品一覧

■製品情報
モトローラモビリティジャパン SF600

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL