インテルがContinua対応製品の内覧会を開催

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090205今年の2月に規格が制定され、その接続方式としてBluetoothが採用されたContinuaの健康管理機器についてインテルが内覧会を行ったとのことです。

今回の内覧会で展示された機器の多くは試作品ということですが、その多くがBluetoothを搭載しており、データ登録をPCで行えるようになっています。

考えてみればPCである必要はなにもなく、安価なデータセンターのような、ネット接続のできる機器にBluetoothが搭載されていればそれでいいような気もしますが。

ただ、そのくらいの機器は発売しても、けっきょくBluetooth搭載のネットブックを買ってしまったほうが安いのかもしれませんが。

おっと、内覧会の詳細は下記のリンクをご参照のほどを。

インテル、健康管理機器の相互運用に向けた機器とサービスの内覧会開催(インプレス PC Watch)
インテル、体重や血圧をパソコン上で管理する新サービスを公開(インプレス 家電Watch)


体重計、歩数計、体脂肪計測器つき体重計、血圧計などが出展されています。これらのデータをPCに統計的にストックでき、活用できるというわけですね。

すでに記事中にも健康系SNSの「JogNote」にContinuaに対応して掲載するというものもあります。Bluetooth対応の携帯電話でデータ送受信ができても面白いかもしれませんね。ダイエット中の管理人には垂涎の的です。

早く対応機器が出てくれることを望みますよ orz

関連記事:GE社とIntel社がヘルスケア事業で提携,2億5000万米ドルを共同出資

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL