はじめてのBluetooth A2DP編その1

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

はじめてのA2DP そもそもA2DPって?

iPhone OS 3.0ではこれまでの2.1とは異なり、HFP以外のいくつかのプロファイルが搭載されています。しかし、その主眼はA2DPの採用にあるといっていいでしょう。

といったわけで、今回からはじめてのA2DPというような記事を書いてみることにしました。

iPhone 3G/iPod touch(第2世代)にiPhone OS 3.0をインストールすると、HFP以外のBluetoothプロファイルが有効になり、A2DPが使えるようになります。26日に発売になるiPhone 3GSでは最初から3.0がインストールされています。

さて、『A2DP』とは『Advanced Audio Distribution Profile』の頭文字をとったもので、あるていど高音質な音楽の転送に使用されます。

A2DPがBluetooth SIGによって制定されたのは2001年。つまり8年ほど前のことで、かなり古いプロファイルなのですが、大きく取り扱われるようになったのは、携帯電話にも採用されるようになったここ2~3年といったところです。

A2DPに対応することで、Bluetooth対応のワイヤレス機器で音楽を聴くことができるようになるのです。

音楽を飛ばすことのできる距離は、ほとんどのもので約10m。これは見通しのいい場合であって、壁などの障害物がある場合は短くなります。金属製のもの(扉など)がある場合は、ほとんどの場合で遮断されます。

また、同じ周波数帯を使用している無線LANとの共存はできますが、電子レンジを使っている近くではほとんど使い物にならない状態になることも書いておきましょう。

さて、A2DP対応機器にはいくつか種類があります……と、対応機器の説明に行く前にちょっとしたBluetoothのFAQなどを。

Bluetooth A2DP FAQ

Q.電車の中で他の人がBluetoothヘッドフォンを持っていたら勝手につながったりはしないの?
A.Bluetooth機器の接続にはペアリングという儀式のようなものが必要で、ペアリングを経ていない機器には接続できません。また、接続中の機器同士は暗号通信を行っているので何を聴いているかなどの傍受したりはできません。そのあたりはFMトランスミッターとは大きく異なります。

Q.Wikiデータベースには「対応コーデック」にSBC/MP3って書いてあるのもあるけど、iTunesデフォルトの.m4a(AAC)は再生できないの?
A.Bluetoothの対応コーデックはあくまでもBluetooth機器間での通信方法なので、大本のファイルのエンコード方式は関係ありません。

Q.iPhone 3GはBluetoothのバージョンが2.0+EDRなんだけど、Bluetooth 2.1対応のヘッドフォンとは接続できないの?
A.Bluetoothは原則として互換性が保障された規格となっています。そのため、バージョンには依存せずに接続が可能です。
ただし、2.1で新規に搭載された省電力や簡易ペアリングといった機能は、2.1以降同士でしか使用できません。ま、擁するに基本的には大きな問題にはなりません。

Q.「マルチペアリングが8台まで」ってある機械は混線したりしないのかな?
A.マルチペアリングとはペアリングした機器の情報をメモリーできる機能のことで、ペアリングしなくても再接続が容易になるという機能です。同時に接続できる機能ではありません(参考→Bluetooth用語集:マルチペアリング)。同時に複数の機器と接続できる機能はマルチポイントと言います。


Q.マルチペアリングってないと不便?
A.不便です(きっぱり)。たとえばiPhoneだけと接続するというのであれば問題はありませんが、ワイヤレス接続の心地よさを知ってしまうとPCとの接続や、他の携帯との接続もBluetoothにしたくなるというのが人情というもの。その場合にいちいちペアリングをし直さなくてはいけないというのはかなり不便です。

Q.マルチポイントってどう使うの?
A.2台の携帯電話でHSP/HFPで同時に接続して待ち受けておくというようなシーンで使います。同時接続はできますが、両方に電話がかかってきたときは先にかかってきた方が優先されて、同時使用はできません。比較的ビジネス色の濃い機能。
なお、A2DPでマルチポイントができるヘッドフォンはいまのところありませんし、おそらくはこれからも出ないでしょう。

Q.ペアリングと接続って違うの?
A.ペアリングは機器の認証、接続は機器の接続。ペアリングはYahoo!などでIDとパスワードを入力するようなこと。接続はそれによってさまざまなサービスを使用している状況……と例えることができますかね。

Q.マニュアルをなくしてPINコード(ペアリングキー/ペアリングコード)が分からなくなっちゃった!
A.A2DP対応機器のPINコードはほとんどの場合で0000。その他の場合は1234か8888というのもあります。

次回はA2DP対応のBluetooth機器の紹介を予定しています。

あ、ついでといってはなんですが、A2DP対応の片耳ヘッドセット WB-120をBluetoothManiaX読者限定セールスをやっていただいてます。興味がありましたらどうぞ⇒BluetoothManiaX限定!WB-120セールスのお知らせ

■関連エントリ
iPhone OS 3.0のBluetooth対応プロファイルが明らかに
魅惑の13時間連続再生 DR-BT101 レビュー
通勤通学の友に! DR-BT100CXレビュー
A2DP対応ヘッドセットの真打ち – bluetribe SBT03レビュー
モバイルスピーカー特集#01:モトローラ EQ5 レビュー
モバイルスピーカー特集#02:アビリティークリエイト STB2819 レビュー
Bluetoothヘッドフォン市場が今夏に広がるワケとは?


関連エントリ@BluetoothManiaX


4 Responses to “はじめてのBluetooth A2DP編その1”

iPhone OS 3.0のBluetooth対応プロファイルが明らかに | Bluetooth ManiaX on 6月 17th, 2009 3:37 PM:

[...] iPhoneではじめてBluetoothを使うというユーザーのために、別途「はじめてのA2DP」というエントリもありますので、そちらも参照してみてください。 [...]


BluetoothManiaX読者限定! WB-120セールスのお知らせ | Bluetooth ManiaX on 6月 19th, 2009 6:20 AM:

[...] はじめてのBluetooth A2DP編その1 [...]


iPhone OS 3.0リリース……だけどもAVRCPには? | Bluetooth ManiaX on 6月 19th, 2009 12:51 PM:

[...] はじめてのBluetooth A2DP編その1 [...]


初心者 on 7月 1st, 2009 1:22 AM:

自分はipodtouch1Gでtmr-bt8ipを買おうかなと思っているのですが、wb-120で使えますか?


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL