アドテック、Bluetooth対応のデジタルフォトフレームAD-DPF80を発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

メモリ関連の企業として知られているアドテックが8型のフォトフレーム、『AD-DPF80』を発売します。

アドテックは最近、コンシューマ向けの製品をいくつか出していますが、Bluetooth関連製品を発売するようになっています。今回のフォトフレームもUSB端子にBluetoothアダプタを挿すことで対応できるというものです。

とはいえ対応しているプロファイルはFTPなので、ほとんどの携帯電話では使用できないでしょう。WindowsMobile対応のスマートフォン端末であればいけるのではないでしょうか。あとはPCでの対応となるのではないかと思われます。

カラーバリエーションは黒と白。各色1000台ずつの初期生産分にはアドテック社のUSB BluetoothアダプタAD-BTA2が同梱されているそうです。

また、静止画だけではなく動画、音声にも対応しています。

動画はMPEG-1/2、MPEG-4、XviD、MotionJPEGのAVI、H.264、MotionJPEGのMOV、3GPの再生、音声はMP3とWMAの再生が可能となっています。カードスロットはSD/SDHC/CF/xD/USBメモリに対応。


電源は通常のACアダプタ以外に、内蔵バッテリーでの再生にも対応。内蔵バッテリーでの駆動時間は80分。

比較的画面が大きく、内蔵バッテリー駆動可能、Bluetoothに対応と後発ならではの利点がいくつかありますね。面白い製品であることは確かです。

関連エントリ@BluetoothManiaX


Leave a Reply

(必須)

(必須)

Trackback URL