ロジクールからケースがiPad用スタンドになるBluetoothキーボード『Tablet Keyboard For iPad TK600』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110801 ロジクールからiPad/iPad2用のキーボードが発表されました。
『Tablet Keyboard For iPad TK600』はMacの英語キーボードに準拠したBluetoothキーボードとなっています。すなわち、cmdキーなどがあるということになり、iPadとの相性もかなりよいということになります。
 画像のようにキャリー用のキーボードケースを折り曲げると、iPad用のスタンドとしても使えるという優れものです。
 その他、Fnキーとの併用でiPadのiPod機能のプレイ/FF/REV/音量調整などができる特殊キーがあります。

 Bluetoothのバージョンは不明(問い合わせ中)ですが、とりあえずClass2。 続きを読む…»


バッファローコクヨサプライから小型Bluetoothキーボード『BSKBB01』シリーズが発表

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110215 バッファローコクヨサプライから、「やや小型」のBluetoothキーボードが発売されます。『BSKBB01』シリーズはキーピッチ17mm、全幅が26.6cm、いわゆるアイソレーションタイプのキーボードとなっています。

 配列はASCII準拠の英語配列JIS準拠の日本語配列。ただし、カナはプリントされていません。iPhone/iPadなどで使うことを念頭に置いた製品だと思われます。IS04/T-01Cでも使用可能でしょう。
 ノートPCなど一般的なキーボードのキーピッチ(キーの中央から、となりのキーの中央までの距離)は19mmとなっています。これに対してBSKBB01のキーピッチは17mm。
 使いにくさは感じませんが、慣れが必要といったところでしょう。
 全幅は26.6cmなのでモバイルというよりは「たまにキーボードを使う用途がある」というようなユーザー向けの製品ではないでしょうか。 続きを読む…»


エレコム、タブレットPC用のスタンドが付属するBluetoothキーボード、『TK-FBM023E』/『TK-FBM023』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

TK-FB023E エレコムからBluetooth 3.0に対応したBluetoothキーボード『TK-FBM023E』、『TK-FBM023』が発売されます。

 それぞれ、『TK-FBM023E』はASCII準拠の英語キーボード、『TK-FBM023』はJIS準拠の日本語キーボードとなっています。
 英語キーボードはiOS4搭載機に対応という表記になっていますが、日本語キーボードでも接続には問題ありません。入力が英語キーボード相当になってしまうので、そのあたりを覚えるのが面倒というだけで……。
 また、マルチペアリングに4台まで対応していますので、iPadとiPhoneで使い分けるといった使用用途にも対応しています。マルチペアリングへの対応は本体を使い分ける場合には大きな利点となります。

 キーボードはメンブレン方式で、キーピッチは15mm。かなり小型ですのでモバイル用途を考慮されていると思われます。 続きを読む…»


イケショップから四つ折りできるBluetoothキーボード、その名も『四つ折りBluetoothキーボード』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

101101 イケショップから四つ折りにして小さく畳めるBluetoothキーボード、その名も『四つ折りBluetoothキーボード』が発売されます。
 四つ折りできるだけあって、畳むと129mm(W) × 91mm(D) × 20mm(H)とかなり小さくなります(リュウド、エレコムの折りたたみキーボードよりもやや小さいていど、詳細はBluetoothキーボード一覧にて)。
 iPad、iPhoneに最適のASCII配列準拠となっています。

 ただし、こういった折りたたみ型のキーボードは折り数が多くなればなるほど剛性が低くなるので注意が必要です。ただ、底面に剛性確保のためのアルミ板が仕込まれているとのことなので、そのあたりは把握されているようですが。

 Bluetoothキーボードとしてのスペックも見てみましょう。 続きを読む…»


Bluetoohキーボード一体型のケース『iPad case with Keyboard』が日本でも発売に

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100906 8月の下旬にいくつかのガジェット系ニュースサイトで話題になったBluetoothキーボード一体型のiPad用ケース(engadget)。『KeyCase iPad Folio with Integrated Bluetooth Keyboard』が日本でも発売されることになりました。

 商品名はぐっと簡単になって『iPad case with Keyboard』。日本での販売元は株式会社わがんせ。
 気になるお値段は1万2,800円。イギリスでの販売価格が£60(8,000円弱)くらいなので、9,800円くらいで出ればいいなぁと思っていたのですが。ちょっと残念。

 発売は10月を予定。 続きを読む…»


リュウド、Mac準拠のBluetooth英語キーボード『RBK-2200BTi』とWin準拠の『RBK-2000BT3』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

package_RBK2200BTi iPhone、iPadのおかげでぐぐっと拡がったBluetoothキーボードの世界ですが、リュウドがiPhone/iPad向けとなる新製品を出しました。

 『RBK-2200BTi』と『RBK-2000BT3』。
 どちらもASCII準拠の英語キーボードとなります。ハードウェアとしての違いはコントロールキーの位置のみ。その他、キートップのプリントが異なっています。
 RBK-2000BT3はWindowsに準拠しており、WindowsキーとAltキーがあります。RBK-2200BTiはoptionキーとcmdキーになっている……というわけです。RBK-2000BT3のキーレイアウト画像 RBK-2200BTiのキーレイアウト画像

 iPod touch / iPhone / iPadというマスマーケットが唐突に生まれたことで、Bluetoothキーボードにもちょっとしたバブルが生じている感じですね。

 おっと、スペックも忘れずに。 続きを読む…»


エレコムの『TK-FBP017』、残念なことにマルチペアリング機能はなし

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100727 ……しまった、エントリのタイトルだけで記事が終わってしまった。
 えーっと、エレコムのサポートに問い合わせた結果、『TK-FBP017』にマルチペアリング機能が搭載されていないことが判明したのでお知らせします。
 外出先ではiPhone4と接続していて、家にあるiPadでも使いたいという場合、ペアリング作業をその都度に繰り返す必要があります。

 リュウドのRBK-2000BTII / RBK-2100BTJに搭載されているマルチペアリングも使いやすくはない(接続切り替えがあるわけではなく、メモリーされているペアリング情報のうち最初に接続した機器と接続)のですが。
続きを読む…»


エレコムからHID、SPPに両対応でAndroidにも接続可能なBluetoothキーボード『TK-FBP017』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100727 エレコムから折りたたみ式のBluetoothキーボード『TK-FBP017』が発売されることになりました。

 iPad、iPhone4(iOS4)のHID対応によるBluetoothキーボード需要を鑑みての発売、ということでしょう。
 iPad、iPhone4が発売されることによって、キーボードのないBluetoothキーボード対応端末というものが数百万台クラスで生じたわけで、その1%がキーボードを購入すると考えても以前に比べればはるかに大きな需要が生まれているわけです。

 そしてもうひとつ、この『TK-FBP017』には大きな特徴があります。SPPによるキーボード接続が可能ということです。
 以前にもSPP対応のBluetoothキーボードというものはありました。たとえばBlackBerryはHIDには対応していないのですが、SPPで接続することができるというキーボードがいくつかありました。Freedom Input社のFreedom Slim Keypadなんかがそうでしたね。

 今回の『TK-FBP017』の最大のウリはSPP+独自ソフトウェアでHIDに対応していないAndroid端末と接続ができるということです。
 iPhone以外のスマートフォンとして最大のヒットを記録しているXperiaでBluetoothキーボードが使えるというのは大きな意味があると思われます。

 ただし、『TK-FBP017BK』ではXperiaに搭載されているPOBox Touchを日本語変換に使うことはできません。EleWnnという独自ソフトでの変換となります。POBox Touchは変換効率がかなりよいエンジンだったので残念なところです。
 Xperia以外のAndroid端末として、HT-03A、X06HT(Desire)に対応しています。

 おっと、Bluetoothキーボードに関しては色々と思い入れがあるので、コラム的側面が長くなってしまいました。
 スペックを整理しておきましょう。
続きを読む…»


Microsoft Bluetooth mobile keyboard 6000レビュー

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Microsoft Bluetooth mobile keyboard 6000の本体側。見ての通りのブーメランフォルム。 昨年の10月16日にマイクロソフトから、テンキー分離型 Bluetoothキーボード Bluetooth Mobile Keyboard 6000が発売されました。
 今までマイクロソフトのキーボード製品というと、重厚でキーストロークの深いメカニカルなもので、デスクトップPC用の大きなモノばかりという印象がありましたが、今回発売されたこのキーボードは最厚部 13mmの「マイクロソフト史上最薄」デザイン、持ち歩きにも便利なモバイル用と銘打ったメンブレン式キーボード。

 この手のモバイル用のBluetoothキーボードで似たような大きさとコンセプトのものでいうとサンワサプライのBluetoothコンパクトキーボード(SKB-BT09BK)が先行発売されている競合製品として挙げられるかと思います。

 が、今回発売されたMobile Keyboard 6000はそれと比べても後発の製品だけにかなり使いやすいものに仕上がっています。 続きを読む…»


サンワサプライからBluetoothテンキーパッド+電卓のニコイチ製品『NT-BT01BK』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091225サンワサプライから、電卓としてもBluetoothのテンキーパッドとしても使うことのできる『NT-BT01BK』、『NT-MBT01BK』が発売されました。

『NT-BT01BK』がWindows用、『NT-MBT01BK』はMac用となっています。

Bluetooth対応のテンキーパッドとしては、マイクロソフトの『Microsoft Bluetooth Number Pad』、ダイヤテックの『FKBT22MB』に次ぐ3機種目となります。

最大の特徴は電卓として使用できるということ。12桁の電卓として利用できます。 続きを読む…»