クリエイティブメディアからapt-Xに対応したセパレートタイプのBluetoothスピーカー『Creative T12 Wireless』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100904 ここのところ、山ほどBluetoothスピーカーを出しているクリエイティブメディアから新機種が発表されました。

『Creative T12 Wireless』はこれまでのZiiSound D5D200のような一体型ではなく、ごく一般的なセパレートタイプとなっています。

 また、同社のBluetoothスピーカーの多くが採用している高音質・低レイテンシなapt-Xも搭載しています。ただし、Dockコネクタ用/PC用のapt-X搭載ドングルは同梱されていません。apt-Xで楽しみたいという場合は別売りのドングルであるBT-D5(Dockコネクタ対応)かBT-D1(USBドングル)を購入する必要があります。

 おっと、スペックを。 続きを読む…»


クリエイティブメディアのBluetoothスピーカー『D100』、『D200』が6月発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100604 クリエイティブメディアから4月中頃に発売予告のあったBluetoothスピーカー、『D100』、および『D200』がそれぞれ6月中旬、6月下旬に発売されます。

 D200が上位モデルで、ミッドレンジの製品となります。
 同社の『ZiiSound D5』やゼンハイザーの『PX 210 BT』といった高価格のBluetooth機器に搭載されつつあるapt-Xに対応しています。
 ただし、iPhone/iPod/iPad用のapt-X対応DockアダプタのBT-D5や、USBアダプタのBT-D1は同梱されていません。
続きを読む…»


クリエイティブメディアから高音質apt-xコーデックに対応したBluetoothスピーカーシリーズを展開『ZiiSound D5』他

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

ziisoundd5 クリエイティブメディアは5月から7月にかけて、Bluetoothスピーカー3機種を連続して発売すると発表しました。まず、5月にはハイエンドとなる『ZiiSound D5』、そして7月には『Creative D200』、『Creative D100』が発売となります。

 まず、『ZiiSound D5』から行きましょう。スペックはBluetooth 2.0+EDR Class2に対応。プロファイルはA2DP/AVRCPに対応。HSP/HFPには対応していません。また、SCMS-Tにも対応していないのでワンセグの音声やauのLismoなどは再生できないことに注意してください。

 サイズは425(W)×90(D)×110(H)mm。重量は3.8kg。ハイエンドらしくそこそこの重量のあるスピーカーとなっています。

 『ZiiSound D5』は『Inspire S2 Wireless』と同様、低レイテンシ、高音質に対応したコーデックであるapt-Xに対応しています。 続きを読む…»