グリーンハウスからpremini似な小型のBluetoothハンドセット、『GH-BHMPA』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120713b グリーンハウスからBluetoothハンドセットとなる『GH-BHMPA』が発売されています。
 ぱっと見でpreminiやpremini-IIを思い起こさせるサイズですが、実際には90mmのpreminiよりもかなり小型で高さ73mm(ちなみにpremini-IIは長さ105mm)。

 Bluetooth 2.1+EDR Class2に対応。搭載プロファイルはHSP/HFP/A2DP/AVRCP。
 仕様表にはPBAP(電話帳転送プロファイル)は掲載されていないのですが、マニュアルによると電話帳の転送が可能で、『GH-BHMPA』から電話帳を駆使して電話をかけることも可能。
 ディスプレイは128×64ピクセルの有機ELで、電話帳などの表示はここで行えます。
 電源は内蔵リチウムポリマー充電池。連続通話可能時間は約5-6時間、連続待受時間は約100時間。充電は独自コネクタ(中国・韓国製品によくあるタイプ)のUSBケーブル経由で行います。充電時間は90-120分。USBケーブルのみ同梱されています。
続きを読む…»


ユニデンからBluetoothハンドセットとしても使えるコードレス電話機『DECT3288』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120123  去年の9月にBluetooth接続ができるコードレス電話として『DECT3280』を発売したユニデンから、新たにワイヤード親機+コードレス子機の構成となる『DECT3288』が発表されました。

 「電話のしにくい携帯電話」であるスマートフォンの急激な普及によって、こういったハンドセットの役割を担う電話機の需要も大きくなっているということなのでしょう。

 Bluetoothで接続する対象は親機で、親機-子機間の接続はDECTと呼ばれる1.9GHz帯の電波で行われます。そのため、接続するスマートフォン/携帯電話は親機の周囲10m以内に置いておかなければなりません。
 子機は最大で12機まで登録可能。ちなみに子機が2台以上ある場合は、Bluetooth接続したスマートフォン/携帯電話をどの子機に対応させるかといった設定も可能。当然、マルチペアリングに対応しており、4台までのペアリング情報をメモリーできます。
 さらにDECT3288にかかってきた外線に加えてBluetooth接続したスマートフォン/携帯電話での3者通話ができるようになっています。
続きを読む…»


ユニデンからBluetoothハンドセットとしても使える電話機、『DECT3280』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

ユニデン DECT3280 ユニデンからBluetoothハンドセットとしても使用可能なデジタルワイヤレス電話機『DECT3280』が発売されています。

 DEC3280は電話機としてはDECTという1.9GHz帯を利用したデジタルワイヤレス電話機です。Bluetoothは2.4GHz帯を利用しているので、干渉が生じないという利点があります。

 なお、Bluetoothで接続するのは子機ではなく本体とになります

 そのため、子機だけを自分の部屋に持っていってハンドセットとして使用するというような場合は、本体の近く(10メートル以内)にスマートフォンや携帯電話を置いておく必要があります。
 子機と本体の接続がワイヤレスなので混乱しそうですが、普通の電話機がスマートフォンとBluetoothでつがっていると考えると理解しやすいかもしれません。
続きを読む…»


ウィルコム、Bluetoothハンドセットとしても使えるPHS端末『WX01S SOCIUS』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110930b ウィルコムからBluetoothハンドセットとしてスマートフォンと接続できるという変わったタイプのPHS端末が発表になりました。

 PHS端末として『WX01S SOCIUS』は非常にシンプルな通話に特化した端末です。microSDカードにすら対応していません。しかし、BluetoothManiaXとして注目したいのはそのBluetooth機能です。

 Bluetooth 2.1+EDR CLASS2に対応。HSP/HFP/PBAPを搭載しています。
 しかし、この場合のHSP/HFPは通常のものとはちょっと意味が異なります。 続きを読む…»


Bluetoothハンドセット、アダプタ型ヘッドフォンユニット、キーボードの1台3役の『PTM-BHK iBOW mobile』がプリンストンから

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

110805 プリンストンテクノロジーから1台でBluetoothハンドセット、アダプタ型ヘッドフォンユニット、キーボードとして使えるBluetoothガジェット『PTM-BHK iBOW mobile』が発売されます。

 基本的にはBluetoothハンドセットです。そこに36キーのBluetoothキーボードと好きなヘッドフォンを差して使うアダプタ型ヘッドフォンユニットの機能も搭載したという1台3役のまさにガジェットといった製品となっています。
 iPhone向けにはブラック/ホワイトの2色のカラーバリエーションがあり、型番が『PTM-BHKIB』、『PTM-BHKIW』、Android用のものは『PTM-BHKAN』となっています。
製品としてそれほど大きな差はありませんが、iPhone用はキーボードにHomeキーがあり、Commandボタンが用意されています(Android用はModeキー)。

 まず、キーボードとしては前述のように36キー+2つのFnキーという構成になっており、基本的にはアルファベット入力のみ。他の数字と記号はFn1、Fn2との入力するというタイプになっています。
 キーピッチは7mmなので 続きを読む…»


フォーカルポイントからBluetoothに対応したMoshiシリーズ「Moshi Moshi 03」

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100806 フォーカルポイントからBluetoothハンドセットが発売されます。Native Union社の『Moshi Moshi 03』で、すでに欧米では発売されているものです。

 日本ではこういったBluetoothハンドセットはほとんど存在しておらず、WillcomD4用のWD4-BHGSがあったていどでした。
 スマートフォンの普及につれて、Bluetoothヘッドセットだけではなくこういったハンドセットにも需要が出てくるのは間違いのないところでしょう。

 このMoshi Moshiシリーズを出しているイギリスのNative Union社はスタイリッシュな受話器を出すことで知られているメーカーで、すでにMoshiMoshiシリーズは04まで出ています。ちなみに04はハニカムを基調にしたデザインで、こちらもBluetoothハンドセットです。

 閑話休題。 続きを読む…»