デノン、Bluetoothヘッドフォンを3機種発売『AH-NCW500』、『AH-W200』、『AH-W150』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

 デノンがBluetoothヘッドフォンに参入します。

 オーバーヘッド型でノイズキャンセリング機能を搭載した『AH-NCW500』、ネックバンド型の『AH-W200』、防滴機能のあるスポーツ向きの『AH-W150』の3機種を一気に投入しています。

ノイズキャンセリング機能を搭載した『AH-NCW500』

120713c まず、『AH-NCW500』。オーバーヘッド型でノイズキャンセリング機能を搭載しています。このノイズキャンセリング機能は外界の騒音を軽減するタイプのもので、通話のノイズを軽減するものではありません。

 Bluetooth 3.0に対応。現在のところ、搭載されているプロファイル、Classは公開されていないのですが、おそらくA2DPとAVRCP、およびHFPでClass2対応ではないかと思われます。
 高音質・低レイテンシを特徴とするapt-Xに対応しています。
続きを読む…»


モトローラモビリティからスポーツ仕様でapt-X対応のBluetoothヘッドフォン、『SF600』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

120710 モトローラモビリティからスポーツ仕様のBluetoothヘッドフォンとなる『SF600』が発表されました。

 同社のS10-HDと同じネックバンドタイプで、カナル型のヘッドフォン。汗などの水滴の侵入を防ぐスポーツ仕様となっています。
 ただし、耳栓型なので、外の音を完全にシャットアウトしてしまいます。そのため、ジョギング等のアウトドアでのスポーツには向いていません。
 スポーツジムでトレッドミルやエアロバイクなど屋内で、スマートフォンを傍らに置いて音楽を聴きながらトレーニングという使い方をすべきでしょう。
 なお、イヤーパッドは5種類が用意されており、ユーザーに最適なものが選択できます。
続きを読む…»


クリエイティブからapt-Xに対応したBluetoothオーディオプレイヤー『Creative ZEN X-Fi3』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Creative ZEN X-Fi3 クリエイティブから高音質低レイテンシを特徴とするapt-Xに対応したマルチメディアプレイヤー『Creative ZEN X-Fi3』が発売されます。

 最大の特徴は46.5(W) x 14(D) x 63(H)mm、45グラムと相当に小型なところ。
 たとえば先日発表されたソニーのAndroidウォークマン NW-Z1000シリーズの外形寸法は134.4(W) x 11.1(D) x 70.9(H)mm、156グラム。

 ZEN X-Fi3の体積はZ1000シリーズの約1/2.5。それでいてかなり音質にこだわった作りになっています。

 まず、前述のように高音質なapt-Xに対応しています。その他、圧縮音源で失われがちな高周波、低周波を補完できるX-Fiオーディオテクノロジーを搭載。
 さらにはロスレス圧縮コーデックとして知られるFLACにも対応しています。
続きを読む…»


クリエイティブから2.1chのBluetoothスピーカー『Creative ZiiSound T6』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

101209 先日、A2DP専用のBluetoothヘッドフォンであるWP-300を発表したクリエイティブですが、同時にサブウーファを同梱している2.1ch対応のBluetoothスピーカー『ZiiSound T6』も発表していました。というわけで、こちらも紹介。

 もちろん、apt-Xに対応しています。
 WP-300の記事では『Zen touch 2』がapt-Xに対応しているというように書いたのですが、間違いでして(WP-300記事は修正済)。クリエイティブのAndroid端末でapt-Xに対応しているのは『ZiiOシリーズ』でした。お詫びして訂正します。

 まずはスペック。
 Bluetooth 2.1+EDRに対応。搭載プロファイルはA2DPのみ。AVRCPには対応していません。スピーカー側からのコントロールはできないということになります。
 また、SCMS-Tには対応していないのでLISMO!やワンセグの再生には対応していないということになります。クリエイティブ製のスピーカーはこの点は注意が必要ですね。
続きを読む…»


クリエイティブからA2DP専用&apt-X対応のBluetoothヘッドフォン『WP-300』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

101208 クリエイティブがA2DP専用+apt-X対応のBluetoothヘッドフォン『WP-300』を12月下旬に発売します。
 いわゆるオーバーヘッド型。

 これまで同社は多くのBluetoothスピーカーを発売してきましたが、日本市場でBluetoothヘッドフォンを発売するのは初めてになります。

 スペックはBluetooth 2.1+EDRに対応。搭載プロファイルはA2DP/AVRCPのみでHSP/HFPには対応していません。

 スマートフォンや携帯電話と使用する場合は気をつけましょう。 続きを読む…»


クリエイティブメディアからapt-Xに対応したセパレートタイプのBluetoothスピーカー『Creative T12 Wireless』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100904 ここのところ、山ほどBluetoothスピーカーを出しているクリエイティブメディアから新機種が発表されました。

『Creative T12 Wireless』はこれまでのZiiSound D5D200のような一体型ではなく、ごく一般的なセパレートタイプとなっています。

 また、同社のBluetoothスピーカーの多くが採用している高音質・低レイテンシなapt-Xも搭載しています。ただし、Dockコネクタ用/PC用のapt-X搭載ドングルは同梱されていません。apt-Xで楽しみたいという場合は別売りのドングルであるBT-D5(Dockコネクタ対応)かBT-D1(USBドングル)を購入する必要があります。

 おっと、スペックを。 続きを読む…»


クリエイティブメディアのBluetoothスピーカー『D100』、『D200』が6月発売

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100604 クリエイティブメディアから4月中頃に発売予告のあったBluetoothスピーカー、『D100』、および『D200』がそれぞれ6月中旬、6月下旬に発売されます。

 D200が上位モデルで、ミッドレンジの製品となります。
 同社の『ZiiSound D5』やゼンハイザーの『PX 210 BT』といった高価格のBluetooth機器に搭載されつつあるapt-Xに対応しています。
 ただし、iPhone/iPod/iPad用のapt-X対応DockアダプタのBT-D5や、USBアダプタのBT-D1は同梱されていません。
続きを読む…»


クリエイティブメディアからapt-X対応のBluetooth 2.1chスピーカーシステム『Creative Inspire S2 Wireless IN-S2W』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091209 クリエイティブメディアから(販売代理店のアイオーデータ機器から)Bluetooth対応の2.1チャンネル対応のスピーカーシステム『IN-S2W』が発売されます。
 高音質、低レイテンシで知られるコーデックapt-Xにも対応しており、apt-Xに対応したUSBドングルも同梱されています。

 基本的にはワイヤードな2.1chスピーカーシステムのCreative Inspire S2をBluetooth対応にしたもの、といった製品であるようです。
続きを読む…»


ゼンハイザー、apt-X対応のBluetoothヘッドフォン『PX 210 BT』

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

091127 ゼンハイザーから、以前紹介したapt-Xコーデックに対応したBluetoothヘッドフォン、PX 210 BTが発表されました。

 先日発売されたMM 100/MM 400/MM 450 TRAVELはそれぞれ、ゼンハイザーコミュニケーションの製品で、かつHSP/HFPに対応ということで位置づけが異なるようです。

 PX 210 BT最大の特徴はapt-Xへの対応。以前の記事にも書きましたが、apt-Xは高音質、低レイテンシとなるコーデックで、A2DPの弱点を補うことができるものです。 続きを読む…»


独ゼンハイザー、apt-X対応のBluetoothヘッドフォン2機種を発表

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090813ドイツの名門オーディオメーカーゼンハイザーからBluetoothヘッドフォンが2機種発表されました。

PX 210 BT、そしてPXC 310 BTです。

まだ詳細スペックは分かっていないのですが、基本的には同一系統の機種のようです。冒頭の写真はPXC 310 BT。下の写真はPX 210 BTです。

PXC 310 BTにはゼンハイザーのノイズキャンセル機能であるノイズガードが搭載されており、飛行機の移動などの旅行にちょうどいいということで『travel headphone』とされています。

PX 210 BT一方、PX 210 BTはノイズガードが搭載されていないモデル……という区分のようです。

さて、それよりも大きいのがapt-Xをコーデックとして搭載したということです。これまでapt-XはA2DPのオプションとして存在はしていたのですが、搭載されたことはありませんでした(少なくとも私の知るかぎりでは)。

しかし、ついにPX 210 BTとPXC 310 BTに搭載されたのです。これはけっこうすごいことなのですよ。
続きを読む…»