チップセットメーカー各社、相次いでBluetooth 3.0+HSの認証を受ける

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Broadcom、CSR、Marvellといった無線関連半導体を製造しているメーカーが、相次いで自社製造の混載無線チップにBluetooth 3.0+HSの認証を受けていることを発表しました。

まず、BroadcomのBluetooth/Wi-Fi/FMの混載チップ「BCM4325」がBluetooth 3.0+HSの認証を受けています。

ついで、CSRのSynergy、Marvellの88W8688が同様に認証を受けています。
続きを読む…»


次世代Bluetoothの省電力、高速化はこうなる!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090301今年中に規格の制定が期待されている省電力Bluetooth、および高速度Bluetoothについて、Bluetooth SIGの事務局長であるMike Foleyをはじめとして、さまざまな人物が新CONPUTERWORLDのインタビューに答えています。

以下、抄訳です。
—-
PCやケータイといった機器よりも、より省電力性が求められる腕時計や心拍計といった機器に用いられるであろう省電力Bluetoothの規格制定は今年中に行われるであろうとMike Foleyが語っています。 続きを読む…»


Bluetooth3.0でファイルを転送する動画が!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090217bついにきましたっ!

Bluetooth3.0の動画です。これもバルセロナのMobile World Congressからのレポート。

GIZMODEのレポート記事に4MBのmp3ファイルが5秒もかからずに携帯電話に転送されている様子が映されています。

このレポートによると、すでにあるテクノロジーを融合させたものとなるBluetooth over Wi-Fiはありがちな停滞を経ずに、即座に市場に出てくるようです。 続きを読む…»


Gartner、Bluetooth 3.0を注目すべきモバイルテクノロジーに認定

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

アメリカの通信技術関連アドバイザリー会社であるGartner(ガートナー)社が、2009年から2010年にかけて注目すべきモバイルテクノロジー(List of mobile technologies to watch in 2009 and 2010.)として、Bluetooth 3.0をトップに挙げていることが分かりました。 続きを読む…»


高速化Bluetooth 2.2は2009年半ばにリリース

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

ソース:Bluetooth 2.2 to be released in mid-2009 CNET(英語版) / 「Bluetooth 2.2」新仕様、2009年半ばにリリース–さらなる高速化を実現 CNET(日本語版)

これはBluetooth 3.0(Seattle)ではないのかな? 以前、無線LANのIEEE802.11をBluetoothの規格として統合するという発表がありましたが、とりあえず第1弾としては、こちらが出されるようです。名称としては高速化Bluetooth、すなわちHigh Speed Bluetooth、そして『Bluetooth 10x』が使用されるとのこと。

10倍速Bluetoothというイメージですか。現在、Bluetoothは上りが遅くて双方向で通信すると実行速度は20KB/秒くらいのイメージです。上下が揃えられて10倍速になれば、ファイルのやりとりもかなり楽になるのではないでしょうか。

少なくともファイルのやりとりが現実的になると思われます。現状では2.2MBのファイルをプリンターに送るだけ(プリントアウトにかかる時間は別)で1分30秒ほどかかってしまうので……。

これだけ帯域に余裕が出るのであればオーディオの高音質化も期待できるかもしれません。いろいろと夢が広がります。超省電力版となるULP Bluetoothとあわせて、2009年が楽しみになってきましたね。

ついでUWBを統合したBluetooth 100xがリリースされれば、かなりの高速化が望めるようになるでしょう。これがいつ実現するかはまだ不明ですが。