Bluetooth 4.0はBluetoothにあってBluetoothにあらず?

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

Bluetooh 4.0の前途は輝きに包まれている?

 Bluetooth4.0が公式にリリースされました。ボタン電池1個で1年以上の稼働を望めるようになる省電力性を強化したバージョンで省電力Bluetooth(Bluetooth low energy / BLE)とも呼ばれています。
 いくつかのメディアではこれからの数年でワイヤレス機器のほとんどはBluetoothに統一され、巨大な市場になるのではないかという予測がなされています。

 Bluetooth4.0はこれまでのBluetoothとは異なり、さまざまな機器への応用が期待されています。
 血圧計や体重体脂肪計といった健康管理機器、あるいは万歩計・サイクルコンピュータといったスポーツ関連機器をPCや携帯電話と接続して、取ったデータをblogやクラウドサーバに送ってダイエットや医療に活かそうというような用途がひとつ。
 また、無指向性(赤外線のようにリモコンをテレビに向けなくてもいい)である特性を活かしてAV用リモコンなどにも搭載が期待されています。
 たとえばPlayStation3用のBDリモートコントローラはBluetooth 2.0搭載のものですが、無指向性ということもあって非常に便利です。

 この他にも省電力という特性を活かして、Bluetooth 4.0はさまざまな機器に搭載されることでしょう。腕時計にも搭載が期待されていますし、個人的には調理系の白物家電にも搭載されるのではないかと考えています。
 省電力Bluetoothの未来は輝きに満ちているように思われます。

 しかし、注意してください。
 省電力Bluetooth、Bluetooth 4.0は正確にはBluetoothではないのです。 続きを読む…»