Continua対応のBluetooth搭載健康機器が各メーカーから続々発売に

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

100218 Bluetoothをワイヤレス接続の標準機器として採用しているContinua対応の健康管理機器がいくつか発表されました。これらはすべてContinuaの規格1.0に対応した製品となっています。
 現在のところ、搭載されているBluetoothは省電力ではなく通常の2.1+EDR。

 Continuaに関しては何度か取り上げていますが、健康管理機器によるデータのやりとりに互換性を持たせた規格です。
 その通信規格として有線ではUSB、無線ではBluetooth、およびZigbeeが採用されています。
続きを読む…»


タニタ、Bluetooth対応の体重体組成計 BC-504を発表

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090526Continua対応の体重体組織計が発表されました。タニタのBC-504はBluetoothを搭載した世界初の体重計となる模様です。

タニタ、携帯電話に体重や体脂肪率を送信できる体組成計(家電Watch)
ブルートゥース搭載の体組成計インナースキャン「BC-504」を開発(タニタプレスリリース/PDF)

Bluetooth 2.0+EDRに対応しています。プロファイルは公表されていませんが、おそらくはHDP(Health Device Profile)であると思われます。
続きを読む…»


インテルがContinua対応製品の内覧会を開催

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090205今年の2月に規格が制定され、その接続方式としてBluetoothが採用されたContinuaの健康管理機器についてインテルが内覧会を行ったとのことです。

今回の内覧会で展示された機器の多くは試作品ということですが、その多くがBluetoothを搭載しており、データ登録をPCで行えるようになっています。
続きを読む…»


健康管理機器の相互接続規格にBluetoothが採用

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加

090205テレビで話題にされない日はないというほどに話題になっている生活習慣病。昨今では、治療よりも予防が叫ばれています。この生活習慣病の予防に関して、健康管理機器の規格がコンティニュア・ヘルス・アライアンスの下でまとめられ、その無線接続規格としてBluetoothが採用されました。

健康管理機器の相互運用可能にするガイドラインを発表(健康美容EXPO)

2006年にもBluetooth SIGから医療器具接続用のプロファイルを策定中とのアナウンスがありましたが、足かけ4年を経てようやく日の目を見たということになります。 続きを読む…»